最新16mmランキングはこちら

コミュ力を上げる方法とコミュ力おばけのこと

コミュ力をあげる方法というと、何か難しそうですが、簡単なこと。書くと簡単です。でも実際にするとなると大変。
そういうところでしょうか。

まずは「聞く」ことからですね。

これは出来そうで出来ません。人の話しを聞くのは本当に難しいです。ちゃんと聴いてるつもりになっても、実際は出来てないことが多いのです。

話の途中で自分の考えを話し始めてしまったり、最後まで聴けないことはよくあることです。

次は「話す」ということですね。これは自分のことを話すわけですが、話し方だったり、口癖だったり、丁寧に相手に伝えるように話すということ。

そして「質問」ですね。

質問は会話のきっかけになりますから、雑談力がある人はうまく質問を繰り出しますね。

このあたりを突き詰めていくとコミュ力おばけに近づいていくことでしょう。

あとは、いかに相手中心で話しが出来るかでしょう。

ついつい自分を中心にして話をしてしまいがちですが、そうなると、相手は退屈してしまうかもしれません。

相手が話したいテーマを広げていくと喜んでもらえることでしょう。

ただ、自分の話はせずに相手ばかりに話してもらうのではなくて、自分の話も折りまぜることが大切です。

コミュ力おばけの特徴5選

コミュ力おばけというと、特徴としてはどうでしょうか。

相手の話を最後まで聴く
相手が話したくなるような質問をする
相手に興味を持っている
相手に自分から声をかける
相手を敬う気持ちを持っている

こういうところでしょう。つまり、相手が中心なんです。自分が中心ではなく、相手のことをいかに思いやれるかでしょう。

コミュ力を上げる方法(コミュ力おばけ)

コミュ力おばけは最後まで話を聞く

これはとても大切なことです。話を最後まで聞くのは、コミュ力おばけ云々以前に、コミュニケーションにおけるとても重要なことです。

話を遮られたり、途中でアドバイスをされたりすると、ゆっくりと話すことが出来ません。相手の話を否定することなく、最後まで話を聞く。それだけでも、コミュ力おばけにかなり近づいていると思いますよ。

さて、話を聴く事ができたら次は何か。それは質問してみましょう。

相手のことを知ることに力を入れてみましょう。といっても、難しくありません。

何か一つでいいので質問してみるだけです。もしかしたら、話が弾むかもしれませんし、弾まないかもしれません。これは話してみないと分からないことです。

カラコンが好きかもしれないし、嫌いかもしれない。それも聞いてみないと分からないことなんです。