センスマニア(sensemania)ビターチョコ16mmカラコン|お人形のようなクリクリ瞳に

まるでチワワみたい。センスマニア(sensemania)ビターチョコは着色直径16mmの濃いブラウンのレンズ。
最近はセンスマニアも規格変更で16mmカラコンが減ってきたみたいだから、ビターチョコもどうなるか分かりませんね。
このデカさでもナチュラルさもあるのはデザインのおかげでしょう。
ほどよい焦げ茶で甘い顔になれますよ。

レンズは薄いほうだと思うので取り扱いは注意だね。

センスマニア(sensemania)ビターチョコは16mmだから疲れやすい

カラコン付けてると目が疲れやすいのは分かると、レンズの大きさによってどれほど違うんでしょうか。
普通に考えたら、レンズの大きさに比例して目の負担は増えると思います。
裸眼でも目を酷使したら疲れるのに、16mmくらいの大きいサイズのカラコンともなると、やっぱり疲れやすいと思います。
私は近視なんで、普段はめがねのことも多いですが、たぶん裸眼でいるよりも疲れると思う。それだけ目が無理してるんでしょうね。
目が疲れたときにどうするか、どう対策するかも考えておきたいところです。
私の場合は、完全に裸眼で過ごす時間をちょっとでも増やすようには考えてるんですがなかなかそう簡単にはいきません。
時間があるとネットしたり本読んだりもしますから、目を休めてあげる時間がないんでしょうね。
よく言われるのが、遠くを見て、次は近くをみてといった目の体操とか、目の疲れをとるツボを押すとかでしょうか。
こういうのは毎日継続すれば効果もあるんでしょうけど、続けることが困難なんです。性格が向いてないんでしょうね。
もっと何か即効性があって、目に良い方法はないんでしょうかね。

丸々した黒目にカラコン16mmで驚きの効果

突然の変化で周りの友達が驚きそうなのがカラコン16mmなんだけど、極めて簡単に驚きの効果を発揮してくれることもあります。
自分に自信がないとなかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、みんカラカラコンなどにしても、相手の心を動かせるかどうかを考えてみると、サプライズ感があって私は好きですね。大切なのは、慣れてきたら自分なりにアレンジしてみることかな。

普段から自信を持ってる表情は人を惹きつけると聞いたことがありますから。

センスマニアカラコンはそれでも大きい16mmサイズ多い

先ほどの続きですが、オペラブラウンは着色直径が15.5mmになったんですが、DIAでみると14.5mmです。
はっきりいって、私はこのくらいのほうが好きです。物足りないとは思いません。
パピヨンにしてもレヴリーにしてもそうですが、diaで14.5mmといったら結構な大きさだと思います。
それでも小さいと思うならより大きいのを選べばいいとは思いますが、私自身が結構14.5mmのdiaが目の疲れ方とか、見え方とかも含めて付けやすいと思うんです。
レンズ自体が大きくなると、それだけ、お手入れも大変です。
不思議なものでほんの僅かな違いですが、それでもレンズを手に取ったときに違いを感じます。
もし今まで16mmばかりで探していたなら少し小さめの15.5mm以上ので探してみると新しい発見があるかもしれませんよ。
その分多くのデザインの中から選べますから。
1年使用ですから、納得のいくものを選びたいです。
ワンデーならまだいいんですが、長期使用で納得いかないままつけるのって苦痛です。

今後センスマニアでは同じようにサイズ変更があるかもしれませんが、もし今付けてるのが小さくなったらどうしようかってことも考えてみるのもいいでしょう。
ちょっとくらいなら許せるとして、あまりにも大きな変更だったら違うシリーズも検討してみたいと思います。
クラッシーチョコなんてのは今でもだいぶデカいほうですし、人気がありますね。今度みんカラカラコンとも比較してみようと思います。同じ16mmでも違いがあって楽しそうなので。